嬉しい感情でも罪悪感を伴うと・・・

嬉しい感情を我慢ってあんまりなさそうですが、実はほとんどの人が経験あると思います。

それは「罪悪感」のせいです。

例えば、せっかくおいしいものを飲んだり食べたり、好きなマンガや遊び、お店を楽しんでいるはずなのに、

・あぁまた太る。。

・うまいけど添加物たっぷりなんだろうなぁ。。

・ほんとは遊んでる場合じゃないんだよな。。

・こんなこと、ほんとはダメなんだよなぁ。。

・自分だけ幸せなんて他の人に申し訳ない。。

なんて考えちゃうから、

「おいしい~」、「嬉しい~」、「しあわせ~」な感情が中途半端になってしまい、

満たされない。

だからもっと欲しくなって、何度もお店へ出かけたり、

お金をたくさん使っちゃったり。

「よし、楽しむぞ!」

そう決意して、思い切って大きなお金を出して楽しんだこと、ありませんか?

旅行やライブ、アトラクションだったり、最上級のプランやお部屋だったり。

そういう体験のあとって、

「あぁ、これでしばらくは幸せ」

って感じになれると思います。

どうせ食べるなら、どうせ体験するなら

食べる以外の他のどんなことでも、

例え一般常識的に疑問を持たれることでも、

せっかくあなたが体験したくて体験するなら、

罪悪感ぬきに、

心からそのひと時を楽しむことができたら、

例えそれが依存的だったとしても、少しずつ変わっていけるんじゃないかなって思います。

罪悪感を捨てきれない自分。。

でも私たちはこの罪悪感を幼少期から刷り込まれてしまっているので、

いきなりゼロにしようと思うと、

今度は「罪悪感を捨てきれない自分」を攻めちゃうと思いますf(^^;)

罪悪感も苦い調味料の一つとして、

少しずつ、よんなーよんなーで行けたらいいかなって思いますo(^-^)o